前へ
次へ

健康保険料を支払うこと

給与明細を貰うと、よく「健康保険料や厚生年金が高すぎる」といった声が聞こえてきます。
私もついこの前までは同じように思うことがよくありました。
しかし、妊娠出産を経て、少し考えが変わりました。
考えが変わるというよりは健康保険料を支払うことの必要性を強く感じました。
まず、出産時に出産一時金というものが支給されます、また産休中には出産手当金というものが支給されます。
これらは健康保険料を支払っているかこそ支給されるものであり、産後の仕事ができない時期には大変な助けになります。
また、妊娠出産には関係ないですが普段の診療についても保険料を治め保険証を持っていなければ全額負担で莫大な治療費を払わないといけません。
「私は病院にはかからないのに保険料を支払うのは馬鹿らしい」という人もいますがいつ何時病気にかかるかは誰も分からないので誰にも必要なものであると考えています。
今回の妊娠・出産は健康保険料について考える良いきっかけとなりました。

Page Top